消費者金融における自動契約機の違い

消費者金融における自動契約機の違い

借り換えとおまとめの違いが分からない人

消費者金融のカードローンに初めて申し込む人というのは何らかの事情で1分でも早くお金を手にしたいという人が多いものですが、一番早く現金を手にできるのは何と言っても「自動契約機」の利用です。

 

現在は駅前や幹線道路沿いに大手消費者金融の自動契約機が数多く設置されているため、それほど時間を掛けずに見つけることができます。ただ、同じ自動契約機でも業者によって異なった特徴を持つものがあります。

 

ほとんど同じシステムになっているのがアコム、プロミス、ノーローン(新生銀行レイクの自動契約機を転用)の自動契約機です。

消費者金融の自動契約機の流れ

自動契約機はプライバシーを守るために、どの業者のものも無人の部屋に設置されています。申込手順はタッチパネル式の画面に必要事項を入力することから始まりますが、操作はすべてガイダンスの指示に従うだけなので、間違う心配はありません。

 

なお、申込書は自動契約機の挿入口から入れるようになっており、本人確認書類(免許証など)はスキャナーに置くと自動的に読み込まれます。入力作業が終わるとオペレーターからカードローンの説明や、審査に関連するいくつかの質問があり、その後審査が始まります。

 

20〜30分程度すると審査結果の案内があり、審査に通っていると契約手続きに進み、最後に契約書控えとカードが自動契約機から発行されてきます。

 

そのカードですぐに併設されているATMから借入ができます。どの自動契約機でも申し込んでから1時間程度でカードを手にできます。なお、無人の自動契約機とはいっても部屋の様子や操作内容は受付センターにいるオペレーターに監視されています。

 

一方、モビットも自動契約機からの申込が可能であり、手続きも他の自動契約機と変わらず、カードもその場で発行されます。

 

ただし、自動契約機では簡易審査しか行われないため、発行されたカードではすぐに借り入れることができません。契約ルームを出た後、本審査の結果案内が電話に入った時点(30〜60分後)で借入ができるようになります。契約手続きは後日、郵送での処理となります。

アイフルの自動契約機は電話しかない?

そして、独特な自動契約申込方法となっているのがアイフルです。他社と同じように無人の自動契約ルーム(てまいらず)が設けられていますが、そこにあるのは自動契約機ではなく電話です。

 

電話でオペレーターの指示に従って申込書を作成していきます。作成した申込書と本人確認書類をスキャナーに読み込ませると審査が始まります。「てまいらず」は常にオペレーターと会話をしながら手続きが進められるため、機械の操作が苦手な人や、申込に不安のある人には便利です。

 

審査に通った案内があると、カード発行機からカードを受け取れるようになります。そのカードでATMからすぐに出金が可能です。

 

ちなみに、自動契約機でおまとめローンや借り換えローンの申込みは基本的に受け付けていません。借り換えローンは審査可能な場合もありますが、おまとめローンは店頭窓口で契約の場合がほとんどになっています。おまとめローンと借り換えローンの違いはあまりないのですが、おまとめは金額が高額になることが多いので、店頭窓口で契約して融資する流れが一般的と言えるでしょう。