消費者金融即日融資審査

即日融資審査で失敗した話

即日融資で失敗

消費者金融の即日融資審査で失敗した話を書きます。即日融資で借りたい人は同じようにならないように参考にしてみてください。

 

まず、私は申込み当日にどうしても10万円借入がしたくて、当日に借りられる、いわゆる、即日融資可能な消費者金融に申込みしました。

 

昔は某大御所芸人さん(サングラスをしてるひとw)が宣伝していた、大手消費者金融です。そこはインターネットでの評判が審査が早いとなっていましたので、すぐにそこに申込みした記憶があります。

 

審査は順調に進み、希望の10万円よりも多くの金額が審査OKと出ました。そこで、即日銀行振込をするには、本人確認が必要とのことで、私の運転免許証と社会保険証をFAXで送ってほしいと言われました。

 

14時までにFAXが確認できれば、その日のうちに振込ができると聞いたのですが、すでに時間は13時半を回っており、一刻も早く免許証をFAXで送らないと、翌日に振込になると言われたので、ダッシュでコンビニに行ったのです。

焦ってコピーを取るのはやめた方がいいです!

コンビニについたのは、13:50分ごろで、かなり焦っていた私は、コピーを早く取らないといけない一心で、免許証の住所や顔写真がぼやけてしまったのです(コピーが終わる前に動かしてしまった)。

 

普通であれば、もう一度撮り直しすればよかったのですが、焦りすぎていてテンパっていた私は、住所や顔写真がぼやけているのにも気が付かず、そのまま消費者金融にFAXしてしまいました。

 

FAXしたのが13:55ごろだったと思いますが、間に合った!と嬉しくルンルン気分だったのを覚えています。すぐに消費者金融へ電話したのですが、やはりその時間は電話も混みあっており、取次ができたのは14時を少し回ったごろでした。

 

審査担当者に14時までにFAX済みなので、今日中に振込してくれますよね?と尋ねると、免許証の住所欄や顔写真がぶれていて見えないので、これでは即日融資の審査が通らないとのことでした。

 

すぐに取り直すと言ったものの、すでに時間は14:15ごろになっており、担当の人からは、すいませんが、今から送られても振込は明日付になるとの答えでした・・・。

 

このように、一刻を争う即日融資の場合、本人確認のFAXなどは、鮮明に住所や顔写真が分からないと振込不可となってしまします。今はアプリで本人確認書類を送るところもありますが、指が免許証に被ってしまって、審査NGになる場合も多いみたいです。

 

消費者金融即日融資で借りる場合は、最終的に自分自身が冷静に確認することが最も重要な事です。くれぐれも私みたいにならないように気を付けてください(笑)